お金にこだわる

1自宅待機はアルバイトで過ごすお金にならない時間はムダ!入社当初は、お金に無頓着な人が多いスチュワーデス。でも、あっという間に変身してしまいます。男性にチヤホヤされ、当たり前のようにご馳走されるようになると、しだいに自分のお金を使う機会が少なくなる。そうなると、決して悪気はないのですが、何だか自分のお金を使うことがもったいなく思えてくるのです。そして、いつしか「お金にこだわるしつかりもののスチュワーデス」に仕上がっていくのですから、不思議ですよね。そんなスチュワーデスにとって、お金にならない時間は、はっきりムダといっても過言ではないでしょう。特に最近は、不景気にくわえ、テロにイラク戦争、SARSの影響で航空機の利用客が減り、欠便も多々出ています。航空会社もスチュワーデスのスタンバイ(自宅待機)乗務を増やさざるをえません。通常2日間か3日間のスタンバイが、1週間以上も自宅待機を余儀なくされるのです。新人の頃は、メイクもしっかりと仕上げ、制服を着て、電話の前でスタンバイコールを待っていたものの、半年も経過すればそんな真正直なスチュワーデスはいなくなります。